start global navi.

グローバルメニューここまでです。

海外で働く

入社後から現在までの主なキャリア

2009年04月入社
2009年~2012年まで国内工事で各機種の経験を積む
2012年12月中国 東風日産鄭州プレス工事対応

現在の担当業務について

 今の仕事は自動車用プレス機械の据付け工事を行っています。現在は1号機の工事も終わり、各所の不具合箇所の修正や操業中のトラブル対応等を行っています。機械の不具合が起これば、その原因を特定し補修及び修正作業方法の検討・計画および現地の作業者に指示・監督をしています。
また、次期2号機工事の基礎の確認や現地業者との調整を行っています。

現地での一日の仕事の流れ

08:00 出社。メールチェックなど。
09:00 業務開始。各所機械の点検。
10:00 お客様との打ち合わせ。工事調整。
12:00 昼食
13:00 各所機械の点検
15:00 打合せ資料の作成(工法検討・計画を含む)及び工事報告
18:00 業務終了
19:00 帰宅

現地での担当業務の中で一番達成感を感じたことと、一番大変だったこと

「一番達成感を感じたこと」
不具合でなかなかうまく動かなかった機械の原因を調査し、特定し、直し、次の日の操業には何事もなかったかのようにスムーズな動きで機械が動いていた時に一番達成感を感じ、心の中で『よし!』とガッツポーズをしています。

「一番大変だったこと」
現地の作業者に認められること。最初のうちは何をするにも、『何言ってんだこいつは!』のような感じで見られていたが、問題をうまく解決させたことをきっかけに次の日からは現場でお茶を一緒に飲む仲になりました。

現地の職場の雰囲気について

image

 現地では中華料理ばかりなので日本から持ってきたラーメンやカレーなどを事務所で作ったり、みんなでお昼ご飯を食べたりします。やっぱり日本のごはんが一番!とみんなで舌鼓を打ちながら笑顔で和気あいあいと食べています。

現地において、仕事以外で楽しんでいることや、気分転換していること

 一番は食事です。様々な中華料理を体験し、おいしいお店を見つけてはみんなで食事会を開いています。休日には街の中心まで行き、ショッピングをしたりめずらしいものを見つけては買ってみたりと楽しんでいます。

今後IPCでやってみたいこと

 海外工事では日本のように道具や技術などが豊富にあるわけではないので、なかなか順調に工事が進みません。そこをカバーできる知識と技術を身に付け、海外でも短納期が実現できるよう挑戦していきたいです。

IPCに入社を希望する新卒学生へのメッセージ

 IPCではIHIのいろんな分野の機械を扱っているため、海外での活躍の場は多いと思います。これからもっと海外工事が増えるよう我々が実績作りを行って、IPCの活躍の場が増えるように頑張ります!

TOPへ戻る